東日本を襲った大地震と大津波のあと、福島の原子力発電所は大事故を起こしました。
大量に放出された放射性物質は見えない恐怖となって私たちを脅かしています。
脱原発にむけて、緊急に動きだす時です。

そもそも原発から出ている放射能ってどんなもの?
東京にはどのくらい来ているの?食べ物や飲み物はほんとに安全なの?
どうやったら脱原発できるの?自然エネルギーってどんなもの?

小さな子どもを持つ親は心配で仕方がないと思います。
できる限り、私たちが受ける放射能について正確な情報を把握し、共有し、市にも情報公開を求めていきましょう。
その上でどんな対策が取れるのか、そして小金井から脱原発・自然エネルギーへの転換をするにはどうしたらいいか、いっしょに考えてみませんか?

第1回「小金井の放射能測定室ってどんなふうに使えるの?」
お話:漢人明子さん(小金井に放射能測定室をつくった会・小金井市議会議員)

日時:5/27(金)午後7:00から(予定)
場所:市民交流スペース カエルハウス(小金井市中町3-10-10-103)
   農工大通り沿い JR武蔵小金井駅より徒歩7分
参加費:500円(資料・お茶代)
主催:カエルハウス運営委員会
問合せ:tel/fax:042-316-1511
office@katayamakaoru.net
[PR]