カエルカフェ 1/21(土)19時~ 奥村直史さんを囲んで

『平塚らいてう 孫が語る素顔』著者 奥村直史さんを囲んで

「元祖、女性は実に太陽であった」これは、1911年に創刊された雑誌「青鞜」の「創刊の辞」の冒頭の言葉です。書いたのは、女性解放運動の先駆者として知られる平塚らいてう。
 「青鞜」発刊100年にあたる昨年、らいてうの孫である奥村直史さんが『平塚らいてう 孫が語る素顔』(平凡社新書)を書かれました。奥村さんはそのまえがきで、「活字からだけではなく、日常の祖母とのやり取りを体験したものとして、祖母・らいてうを考えてみたかったのである。ここにまとめたものは孫の立場から祖母を把握し、理解し、確認するための、私なりの試みである。」と書いています。 
奥村さんを囲んで、“祖母探し”のお話をお聞きします。「平塚らいてう」ってどんな人だったのか、その思想と生き方は?私たちの今につながることは? ぜひご参加下さい!

日時:1月21日(土)午後7時~9時
参加費:300円(予約不要です)
場所:市民交流スペース カエルハウス   
(小金井市中町3-10-10-103 tel/fax:042-316-1511)
問合せ: kaoriy.marcus@hotmail.co.jp (八木)
[PR]
by kaeruhouse | 2012-01-20 00:04 | イベント | Comments(0)