『ファンタスティックに生きる!』
久田恵さんと人形劇団『パペレッタカンパニー』
東北キャラバン報告IN小金井

シングルマザー、三十代からずっと続いた両親の介護。
人生って困難が前提だったのね…。
「ここからどこかへ行く自由」を考え続けた久田さんは、
「ここにいてもなおかつ自由」になるため、
「日々をファンタスティックに生きる!」ことを人生の新テーマにしました。
 ノンフィクション作家をしながら、2004年に人形劇団「パペレッタカンパニー」を立ちあげ、今年8月には東北キャラバン(岩手県大槌町、大船渡、釜石)へ行ってきました!
 人形劇団を立ち上げた理由、「ファンタスティックに生きる」こと、東北キャラバンでの子ども達の様子などなど、お話しして頂きます。

お話する人:久田恵さん
        (NPO法人パペレッタカンパニー主宰/ノンフィクション作家)
日時:2013年9月5日(木)19時から21時
場所:市民交流スペースカエルハウス
   (中町3-10-10-103)
参加費:500円
主催 カエルハウス運営委員会
〈問い合わせ〉 Tel:042-316-1511(当日)
E-mail:kaeruhousenews@yahoo.co.jp

~久田恵さんと、人形劇団パペレッタカンパニー~
人形劇団ひとみ座に在籍していたこともあり、子育ても介護も終えて「また人形劇をやりたい!」と、
この指とまれ方式で、職業も年齢もさまざまな仲間を集め活動中。
練馬区の自宅を改造、開放、拠点にし、地域に根差した人形劇を展開。
被災地への出前公演やワークショップなども企画している。
久田さんはサーカスで子育てをしたり、シングルマザー、介護の経験を題材に書いています。
人を巻き込むのが上手、人の隠れた才能を引き出すのが上手。
そして何より久田さん自身がすごーくヘンテコでユニークな人です!
[PR]