東日本を襲った大地震と大津波のあと、福島の原子力発電所は大事故を起こしました。
大量に放出された放射性物質は見えない恐怖となって私たちを脅かしています。
脱原発にむけて、緊急に動きだす時です。

そもそも原発から出ている放射能ってどんなもの?
東京にはどのくらい来ているの?食べ物や飲み物はほんとに安全なの?
どうやったら脱原発できるの?自然エネルギーってどんなもの?

小さな子どもを持つ親は心配で仕方がないと思います。
できる限り、私たちが受ける放射能について正確な情報を把握し、共有し、市にも情報公開を求めていきましょう。
その上でどんな対策が取れるのか、そして小金井から脱原発・自然エネルギーへの転換をするにはどうしたらいいか、いっしょに考えてみませんか?

第1回「小金井の放射能測定室ってどんなふうに使えるの?」
お話:漢人明子さん(小金井に放射能測定室をつくった会・小金井市議会議員)

日時:5/27(金)午後7:00から(予定)
場所:市民交流スペース カエルハウス(小金井市中町3-10-10-103)
   農工大通り沿い JR武蔵小金井駅より徒歩7分
参加費:500円(資料・お茶代)
主催:カエルハウス運営委員会
問合せ:tel/fax:042-316-1511
office@katayamakaoru.net
[PR]
一般市民にとっては何かとわかりにくい市議会を、もっとわかりやすく身近なものにしていきたいと始まった今回の連続企画。
1回目の22日(日)、悪天候にもかかわらず20名を超える方が参加して下さいました。

講師の伊藤渉さんのお話は傍聴に行ったことのない私にも大変わかりやすく、傍聴行ってみたいと思いました。“市議会探検隊”ネーミング秘話も…

小金井市議会は議事録が公開されるまでに3ヶ月も(!)かかるのは驚きでしたが、おそらく日本で唯一、一般市民のUstream生中継を許可していること、議会資料をコピー可能なこと等、評価できる点も知ることができました。

昨日(24日)の臨時議会もUstreamとTwitterで生中継された伊藤さん、夜遅くまでお疲れ様でした。
そして今回はお世話になりました!

隊員、増えると良いですね!     

伊藤さんのブログはこちら⇒http://watar00.blogspot.com/
[PR]
「市議会改革市民プラン~市民にわかりやすい市議会にしよう!~」

小金井市長が代わり、与野党ない議会対応に挑戦しようとしています。
二元代表制をしっかり実現し、市民に寄り添った市政運営をおこなって
もらうためにも、市民に開かれたわかりやすい議会運営が必要です。
どんな市議会であってほしいのか、市民の目で今の市議会を検証し、
「こんな議会になってほしい!」と要望していきませんか?

第1回目は、市議会のUstream中継を実現し、議会基本条例を持つ市議会の探求をしている伊藤渉さんにお話を聞きます。
そのあとは、これからどんな風に市議会改革研究していくか、いっしょに
相談しましょう。

第1回 「開かれた議会ってどんなもの?~Ustream中継の挑戦~」
お話:伊藤 渉さん(市議会探検隊)

日時:5月22日(日)午後3:00から
場所:市民交流スペース カエルハウス(小金井市中町3-10-10-103)
   農工大通り沿い JR武蔵小金井駅より徒歩7分
参加費:500円(資料・お茶代)
主催:カエルハウス運営委員会
問合せ:tel/fax:042-316-1511
office@katayamakaoru.net
[PR]