来週の催しのご案内です。

日時 12月3日(金)午後7時から
場所 市民交流スペース カエルハウス(小金井市中町3-10-10-103) 
参加費 500円(おみやげ付)
主催/問合せ:カエルハウス運営委員会
042-316-1511(当日)

はらっぱ祭りのカエルハウスブースに展示したドレス、ごらんになった方もいらっしゃると思います。
あのドレスを製作した東京経済大学の学生団体「Youth Ribbon」をお招きしてエイズ予防啓発活動を中心としたお話をお聞きします。

「みなさんはエイズのことをどれくらい知っていますか?世界でどれくらいの人がエイズで苦しんでいるのか。日本のエイズはどうなっているのか。最近、日本で母子感染が起こったこと、日本の看護師が、エイズだからと言う理由で解雇されたこと、日本のエイズのこれから。
エイズはとても身近な問題です。もしあなたの大切な人がエイズになってしまったら?
ウイルスは人を選ばないからこそ、誰にとっても関係のあることです。
そんなことを学びながら、HIV/AIDSの予防啓発活動をしてきた経験を踏まえ、お話しできればと思っています。」(Youth Ribbon)
[PR]
11月6~7日、武蔵野はらっぱ祭りにカエルハウスも参加しました。
両日共とても良いお天気で、特に2日目はすごい人手でしたね。

去年に続き2回目の参加だった今年は、カエルハウス紹介のパネル展示と、東京経済大学でエイズ予防啓発のボランティア活動等をしている学生団体「Youth Ribbon」の紹介、学生さん達が作ったナゾのドレスを展示。
b0196936_20143672.jpg

b0196936_20151765.jpg

ひときわ目を引いたこのドレス、何でできているか質問してくれたお客さんには、込められているメッセージも合わせてきちんと説明。

「Youth Ribbon」には、近いうちにカエルカフェのゲストに来てもらって話を聞く予定です。
今これを読んで何だか気になる方は、ぜひ次回のカエルカフェへ!
詳細は近日お知らせします。

7日にはカエルハウスのお隣に、9月のカエルカフェ(新しいコミュニティ考)に来てくれた東京にしがわ大学から、学長のなをちゃんとスタッフの皆さんが参加してくれ、初はらっぱ祭りを楽しんでもらえたようです。
※詳細は東京にしがわ大学の学長日記に→http://www.tokyo-nishigawa.net/naodiary/

年に1度のはらっぱ祭り、準備はけっこう(いや、かなり)大変です。
特に運営を担っている本部スタッフ達は半年以上かけてミーティングを重ねて議論し、祭りを作り上げています。しかもボランティア。

今年で22回目のはらっぱ祭り、初期から関わっている人もいれば毎年新しいスタッフも加わってます。
実はカエルハウスにも、本部スタッフになっているメンバーが何人も。
毎年大変で、もう嫌だ!と言いつつも、当日の楽しさと終わってしまった寂しさを味わうと、ついつい次の年もまた‥‥

そんな不思議な魅力を持つ、はらっぱ祭りなのです。(Y)
[PR]
今週末は、小金井市の都立武蔵野公園くじら山周辺で開催される

「第22回武蔵野はらっぱ祭り」にカエルハウスも参加します。

普段は静かでのどかな野川沿いのただのはらっぱが、年に1度、

この時だけは別世界!

バンドのステージあり、多国籍な出店あり、市民のフリーマーケットや

子ども向けのワークショップも。

ぜひ、遊びに来てみてください!

武蔵野はらっぱ祭りのHPはこちら

----------------------------------------------------------------------
【日時】11/6(土),7(日)10~20時
<入場無料/雨天実施>
【会場】都立武蔵野公園 くじら山下原っぱ
【交通のご案内】
JR中央線「武蔵小金井駅」北口より調布駅北口行きバス「試験場代書前」下車徒歩5分
JR中央線「武蔵小金井駅」南口より徒歩20分
西武多摩川線「新小金井駅」より徒歩20分
京王線「調布駅」北口より武蔵小金井行きバス「武蔵野公園」下車徒歩10分
【内容】
子ども広場(遊び場) / リサイクルバザー / 風の原市場(模擬店)/ はらっぱ音楽会 / 市民文化活動ブース / 映像 / パフォーマンス / 絵画 / 写真など
*映像インスタレーションは6日のみ上映。雨天の場合は、7日に延期。
[PR]